Twitter、Instagram、FacebookのKPI指標

KPI指標はSNSを運用していく目的として表され、TwitterやInstagram・Facebookを通じてどのような課題を持っているのかを表します。フォロワーの属性を考えることで、ブランドに対する好意度や購入思考の向上などを見ることができ、目的が達成しているかどうかをアンケート形式で知ることが可能です。企業でもユーザーを対象にしたアンケートを実施することがあり、質問方法や手法などが回答に影響していることにも配慮します。この部分は企業側で慎重に設計することで、適切なパネルを集めることができます。フォロワーの属性を知るためには定期的な調査をおこなうことが重要となり、継続することでTwitterやFacebook・Instagramでどのくらいの影響を与えているかを検証することが可能です。企業では購入金額や利用頻度・好意度に加えて想起率も指標となりますが、より高いスコアを提示することでSNSでの運用が顧客育成に繋がっているかを知ることができます。

KPIは目的が達成しているかどうかを確認するための値で、SNSを運用するにあたっていいねの数やフォロワー数・インプレッションとしての数値やエンゲージメント率などの、ユーザーの反応を指標にしています。過去の調査でもSNSに対しては、いいね!のコメントが多いアカウント自体ブランド好意度が高い傾向になっています。フェイスブックでの数値は週ごと・月ごとなどで定期的に確認することが推奨され、いいね数が増えても投稿の質が悪い場合はリーチに影響してきます。

情報発信を目的にいている問いは、ファンの数を指標にするだけではなくリーチ数も確認します。エンゲージメント率は投稿がリーチしている人数に対して、いいね!やコメント・シェア率、投稿をクリックしている人の割合から出していきます。ターゲットとしているユーザーが目標通りに集められているかを確認するために、いいねをしているユーザーの統計データを利用者から確認します。フォロワーの属性を見ることで、投稿内容も工夫することが可能です。

フォロワー数はいいね!の数でもわかりますが、アナリティクスから確認することもできます。Twitterでのエンゲージメント率は、発信しているツイートへ対してクリックやリツイート・返信やフォローなどをインプレッションで割るものとなり、計算式は異なりますが基本的な方法は同じとされます。