Instagramの投稿をリポスト出来るアプリがある

地球とカーソル

リポストとはInstagramの投稿をシェアすることで、利用している他のユーザーの写真や動画を引用しながら自分のアカウントで再投稿することです。気に入った写真があればリポストをすることになりますが、普通の投稿からリポストを行う時、アプリで全てを行うことができます。共有したい投稿のリポストマークをする時、位置の調整も可能なのでさらに綺麗に仕上げることも可能です。インシェア方法を選択することで、これを残すことができますがいくつかのマナーもあります。

リポストマークやハッシュタグをキャプションへ入れて、元のユーザーが誰なのか見てわかるようにすることが大切です。誰かの画像を自分の画像のようにすることはよくないマナーとされています。リポストマークをするときは、元の画像のイメージを変えることなく、本来の趣旨にあったキャプションを入れることも重要になります。Instagramで投稿されている写真には全て著作権があり、これらを尊重した形で行わないとトラブルが発生する場合もあるからです。他の人の投稿を保存し自分のアカウントに投稿することは問題が起きかねないため、リポストを行うときは必ずマークを入れコメントも残しておきましょう。またあらかじめDMをし、投稿者へリポストをして良いかどうかの旨を伝えることも基本になります。無断転載をすることが一番マナー違反になり、ユーザーとの問題も発生します。

画像をシェアできること自体はとても便利な機能ですが、シェアをされたくないという投稿者もいます。この場合は、シェアをされないような設定にあらかじめしておくことや、DMが来ても丁寧に拒否の旨を伝え、対応することが大切です。コメント欄でもそのようなことが見受けられますが、プロフィールの欄に転載禁止などの注意書きをすることが効果的になります。

法的な制御にはなりませんが、これを残すことである程度の防止効果があります。閲覧者の目に留まりやすいプロフィール欄やキャプションへ常に記載しておくことが効果的で、マナーをしっかり守ることで今後もこの機能を楽しむことができます。リポストした場合は画像を残した人がハッシュタグから見つけやすいようにし、さらにDMなどでシェアをしたいことを伝えます。著作権があるものなので、画像や動画の取り扱いには注意を払うことが大切です。間違えるとユーザー間トラブルなどの問題も発生するので注意しましょう。