電話しながらパソコンを使う女性
パソコンとノートパソコン
色々なSNSサイトのロゴと笑顔の女性
公開履歴
パソコンを使用している女性

SNSを利用するときは専用アプリと連携することで、さらに便利に利用することが可能です。インスタグラムやFacebook・Twitterなど人気のアプリがたくさんありますが、個人か企業の利用によっても連携するツールの種類が異なります。SNS上で利用するにはわかりやすいツールを使うことが大切ですが、インスタグラムでは画像を加工するためのアプリがたくさんあり、それぞれユーザーが投稿したいテーマに合わせて選択していきます。企業で使うと非常に便利で、社内や組織内で限定されているコミュニケーションに欠かせないものです。個人同士でのやり取りにも使うことができますが、企業の場合複数が同時に情報交換をするために使うとさらに効果があります。共有されている情報は組織内では開示されますが、セキュリティがしっかりしているため外部には漏れにくくなっています。リアルタイムで情報をやり取りするので、鮮度の高い情報が飛び交い仕事の効率を上げていきます。セキュリティ面ではFacebookやTwitter・インスタグラムは通常アプリよりもしっかりしており、ログインやログアウトの制御もされているのが特徴です。マルチデバイスで対応可能なので、社外にいる場合でもコミュニケーションをとることができるSNSツールになっています。

企業内でSNSを活用することで、メールをするときとはまた違った気軽なコミュニケーションをとれます。メールの場合は内容に対してかしこまった雰囲気がありますし、どんな時でも冒頭へ定型文とされる挨拶を入れる必要があります。SNSではこれは必要ないので気軽なコミュニケーションを取ることができ、さらに企業内での報連相に役立ちます。気軽で円滑なコミュニケーションを個人同士以外でも取れるようになるのがSNSの大きな特徴で、業務の効率化にも大きく影響します。有益である情報やノウハウを持って入る社員がいる場合、社員の中で全てを共有することができると会社にとってはメリットしかありません。社内のSNSでも自由にグループを開設し情報発信をする場所としていますが、ノウハウを蓄積する場としても活躍します。これらを導入する場合は社内SNSツールがたくさんあり、どれを選ぶかも大切な指標になります。各企業を始め組織に必要としている機能を明確にする必要がありますし、導入することを目的に応じるツールを選ぶことがポイントです。既存ツールとの違いを出すために、必要な機能の整理をすることが大切になります。